2007年8月31日金曜日

OpenOffice.org 2.2.1 for MacOSXをインストール

各種Linuxでも利用しているOpenOffice.org(以下OOo)なのですが、もともとMac使いの私は、できることならMacでもOOoを使いたいということで、Mac版のX11に対応したOOoを利用しておりました.最近、2.2.1にバージョンアップしたので、ダウンロードしてアプリケーションフォルダにコピーしたところ、なぜかメニューが全て豆腐になるという現象に出くわしました.このところトラブル続きでOSを再インストールしたので、X11の日本語フォントも消えてしまっていたのです.そこで、IPAのTrueTypeフォントをダウンロードしてきて、/usr/X11R6/lib/X11/fonts/TTF/に入れました.これで、MacでもOOoが使えるようになりました.

USB KNOPPIX 5.1.1でWebサーバ

先日、仕事の関係でUSB-KNOPPIXを利用してプレゼンを行いました.OpenOfficeのImpressも使いましたが、Webサイト(主にCGIやJavaScriptを利用)の実際の動きを見てもらうために、Webサーバを動かしました.CGIを動かすのにちょっとつまずきましたが、cgi関係の設定ファイルをmods-enabledにシンボリックリンクさせて正しく動くようになりました.
#これらの設定をするためのa2enmod/a2dismodというコマンドがあるらしい.

この方法なら、Webサーバのモデルをプレゼンする際にサーバを持ち歩くわけには行きませんが、これがUSBメモリ1つでできるのですから、便利この上ないです.しかも、他のよけいなサービスを稼働させることなく、普段使っているPCにサーバをやらせる必要もなく、安心安全です.

ちなみに、今USB-KNOPPIX 5.1.1を動かしているPCは、カバン型↓の自作機です.
http://www.geocities.jp/yossy_work/bagPC.html

2007年8月13日月曜日

プリンタを買い換えました

AirMacに接続していた、PIXUS550iの黒が出なくなり、プリントヘッドのリフレッシングを何度か行いました.それでも、出てこないので、内部を見てみようとフタを開けたところ、マゼンタインクがインクタンクからもれていて、黒のインクがプリンタの外まで噴き出してきていました.すぐにでも使いたいのにこれではダメだということで、5年ぶりに新しいプリンタを購入することになりました.

新しく買ったのは、同じCANONのiP4300.両面印刷やDVD-R/CD-Rへの印刷ができるということで、値段と機能の両面を考えて決めました.CANONのプリンタは、これで3台目となりました.それにしても、複合機が流行ってきているためか、プリンタ単体の値段はとても安くなりましたね.(うちには、スキャナもあるし、複合機を置くほどのスペースがないので複合機の需要はありません.)というわけで、AirMacにiP4300を接続し、ドライバなどもインストールして無事プリンタが使えるようになりました.

#Linux用のプリンタドライバも公開されているので、各種LinuxからのプリントアウトもO.Kです。

2007年8月8日水曜日

USB KNOPPIX 4.0.2のカスタマイズ打ち切り

以前、KNOPPIX 4.0.2をUSBメモリにインストールしてWebサーバを立ち上げるところまでやりましたが、今回KNOPPIX 5.1.1でより簡単にできることが判明したので、今後は5.1.1で実験を続けることにしました.実験に使ったUSB-KNOPPIX 4.0.2が入ったUSBメモリは、しばらく取っておくことにしますが、それもいつまでか分かりません.(^_^)

ついでに、KNOPPIX Edu 6とCECのOSP基本パッケージについてもUSBメモリにインストールしてみました.mkbootdevコマンドはとても便利ですね.おかげでやりたいことが増えてしまって、眠れない日が続きそうです.(^_^;;;

USB KNOPPIX 5.1.1のカスタマイズ

USBメモリにインストールしたKNOPPIX 5.1.1のカスタマイズに挑戦しました.以前、KNOPPIX 5.1.1CDからmkbootdevコマンドでUSBメモリにKNOPPIX 5.1.1をインストールしたものを使ってカスタマイズ開始.しかし、USBメモリは書き込みが可能なはずなのに、変更したことが反映されないことが判明.そこで、再びCDから起動して、カスタマイズしたものを「継続的なKNOPPIXのイメージ」を作成して保存するという方法を採りました.

重要なことは、mkbootdevコマンドでKNOPPIXをインストールするところから、カスタマイズしてKNOPPIXのイメージを保存するところまで、USBメモリをマウントしなくてよいということ.

さて、カスタマイズの内容は、「Webサーバを動かす」というとても小さなことでしたが、これが結構試行錯誤の連続でした.まず、/etc/defaultにあるapache2ファイル内の設定を「NO_START=0」として保存.次に、/etc/init.d内のapache2をupdate-rc.dコマンド(defaults)にてデーモンとして起動するように設定しました.あとは、confファイルの設定のみですが、/etc/apache2内のconfファイルの構成がよく利用するものと違っていたのでさあ大変.結果として、apache2.confのお決まりのデフォルト設定を変更し、conf.d内のcharsetのデフォルト設定を無効化し、sites-available内のdefaultファイルにhtmlとCGIのファイルの置き場所を設定して無事設定を完了.USERフォルダの設定は、mods-enabledにmods-available内のuserdir.confとuserdir.loadをシンボリックリンクすればOK.無事にホーム内のpublic_htmlからhtmlファイルを呼び出してくれました.

これで、Webサーバを利用したプレゼン&デモンストレーションができる環境になりました.