2016年11月14日月曜日

Mintを17.3から18にしてプリンターで印刷ができるようにする

2回にわたってMint 18ネタを続けてきましたが、これまでMint 17.3で動かしていた自作PCを、使いやすくなった18にアップグレードしてみることにしました。

Mint 17.3から18へのアップグレードは、「mintupgrade」という簡単なツール(作業は、それほど簡単ではないけど…)を使えば良いことがわかったので、これを使って作業をします。幸い、詳しいアップグレードの仕方を解説したWebページがあったので、参考にしながら作業を進めました。
#「リナックスミントを使おう」の「Linux Mintの更新」がとてもわかり易かったです。

まずは、Mint 17.3の「アップデートマネージャ」でアップデートを済ませ、「端末」の設定(「編集」メニューから「プロファイルの設定」→「スクロール」タグ)で、スクロールを「無制限にする」にチェックを入れたら準備完了です。使うコマンドは、以下の通りです。

$ apt install mintupgrade
$ mintupgrade check

$ mintupgrade download
$ mintupgrade upgrade
$ sudo reboot
これで、Linux Mint 18で起動します。かなり時間がかかります。

次に、プリンターの設定をして、テストプリントをするところまでやってみます。うちの環境では、プリンターがAirMac Expressでネットワーク共有されているのですが、とても簡単にできました。
#「ビバ!Linux」の「コマンド不要!Linux Mintのモダンなプリンター設定方法」を参考にしました。更に詳しい情報は、「Ubuntu Japanese Team Wiki」の「UbuntuTips/Hardware/UsingPrinter」に書かれています。

プリンターの追加は、まずデスクトップ下のMintメニューから「システム」→「プリンター」と選択し、プリンターの設定画面を表示させます。「+追加」をクリックすると、つながっている(必ずしも使えるとは限らない)プリンターが一覧表示されます。今回は、AirMac Expressでネットワーク共有されたプリンターを使ったので、「ネットワークプリンター」から選択しました。

後は、プリンタードライバーを自動的に探してくれて、難なく設定が完了しました。テストページを印刷するかどうか聞かれるので、テストページを印刷してみると、無事にテストページが印刷されました。以前は、Linuxでプリンターを使うのが大変だったけど、こんなにも簡単になったのかと思うと感無量です。

2016年11月11日金曜日

Mint 18でフィジカル・コンピューティング環境を整える

前回、acerの古いサブノートにMint 18を入れるところまで完了しました。インストールの段階で日本語を選択しておいたためか、日本語入力もデフォルトでできるようになっていました。(感激!)今回は、それ以外のことについて設定をしていきます。

例によって、Mint 18のISOファイルの公開以降、アップデートされたパッケージをインストールする作業からはじめました。(これは、ちょっと時間がかかります)
$ sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade
次に、「ソフトウェアマネージャ」を使って「Scratch」と「Arduino」を検索して、インストールします。(ついでに「eToys」も)このあたりは、いつもの作業なので簡単に終了しました。

さらに、「Dolittle」と「Processing」をインストールするために、Firefoxを起動してネットで検索しました。ここでつまずきました。Firefoxの設定で、デフォルトの検索エンジンが「DuckDuckGo」とかいうのになっています。(関係者様ごめんなさい…)これを、使い慣れた「google」に変更することにしました。
#「狸おやじのLinux備忘録」さんの「Linux Mint 17 MateのFirefoxのデフォルト検索をGoogleに」を参考にしました。

これで、DolittleもProcessingもすぐに見つけ出すことができました。(Dolittleは、いつもお世話になっている「勝手にDebianパッケージ」から、debファイルをダウンロードして使わせていただきました)

Dolittleのdebファイルは、ファイル上で右クリックして出てくるメニューから「GDebiパッケージインストーラー」を選択して開いて、インストール作業をしました。(これは簡単で良い!)Processingのアーカイブファイル(.tgz)は、デスクトップに展開して(とりあえず)使えるようにしました。動作確認も問題なくできました。
#Dolittleは、Ver.3.xになっていくようで、今後の展開が楽しみです。

ちなみにこの作業は、acerの古いサブノート(ASPIRE one)のメモリモジュールを、2GBのものに換装する(Atomで32bitなので、これが最大)作業の中で行ったものです。こんな古いものに投資する意味とか、聞かないでくださいね。(^^;;;

2016年11月6日日曜日

acerの古いサブノートにMint 18をインストールする

これまで、フィジカル・コンピューティングを小学校の教育活動に持ち込む研究の中で入手したacerの古いASPIRE oneにMint 16を使ってフィジカル・コンピューティング環境を構築していたのですが、これを18にアップグレードするべく作業を開始しました。

当たり前のことですが、CD/DVDドライブのないサブノートのOSをアップグレードするのですから、DVD-ROMイメージ(.iso)を使ってインストールDVDを作っても意味がありません。これまで、imageファイル(.img)からブータブルUSBメモリを作った経験はあったのですが、ISOファイルでも同じようなことができるのか調べてみました。すると、同様の手順でブータブルUSBメモリを作っている記事を見つけました。

#「re:inventing the wheel」さんの「MacOSX上でISOファイルからインストールUSBディスクを作る」を参考にしました。

基本は、「diskutil」コマンドと「dd」コマンドを使う、時間はかかるけど単純な作業。ということで、まずはLinux Mintのサイトから現時点での最新版「Linux Mint 18 "Sarah" - MATE (32-bit)」のISOファイルをダウンロードして、手近にあった2GBのUSBメモリを使ってブータブルUSBメモリを作ることにしました。

備忘を兼ねて、手順と使用コマンドをまとめておきます。(はじめに、「ディスクユーティリティ」を使ってFATでフォーマットしました)
$ diskutil unmountDisk /dev/disk2
$ sudo dd if=linuxmint-18-mate-32bit.iso of=/dev/rdisk2 bs=4m
※「disk2」の前の「r」は、高速にするため。「bs=4m」は、1回毎の書き込みブロックサイズを指定して、「4MB」にしている。(前がそうだったから4mにしただけで、特に根拠はない)
$ diskutil eject /dev/disk2
これでMint 18のブータブルUSBメモリが完成しました。これをASPIRE oneに挿して起動すると、無事にMint 18が起動してくれました。16からのクリーンインストールを目指して、インストール作業開始。インストールは、以下のサイトを参考にしました。
LinuxMint 18: LinuxMint 18をインストールする

とりあえず、ここまででMint 18で動かすことができるようになりました。フィジカル・コンピューティングができるようにするためには、もう少し時間がかかりそうですが、時間を見つけて作業をしたいと思います。

2016年10月30日日曜日

カブトムシの世話(2016秋)其の2

子どもたちとともに環境整備をしてきたカブトムシファームに、再び幼虫を迎え入れることになりました。昨年は、運動会前の10月10日でしたが、少々慌ただしかったので、今年は、運動会などの行事が終わって一段落した10月30日とさせていただきました。

とは言え、少々寒くなってからのカブトムシの幼虫探しはなかなか大変で、見つかったのは15頭。昨年より数は少なかったですが、まるまると太った3齢虫でした。これを、勤務校に持ち帰り、2箇所のカブトムシファームに放して、無事に育つことを願って帰宅しました。

次に、自宅でコンテナ飼育をしているカブトムシの世話をしました。荒目のクヌギマットの中に大量のフンがあり、かなり好んで食べていたことがわかりました。マットをふるいにかけながらフンを取り除いていくと、底の方の古いマットには近寄っていないことがわかりました。 マットが土のようになって、栄養が不足しているか、食べごたえがない状態になっているのだと思いました。そこで、古いマットを半分以上外に出し(植物の栽培に使う予定)、残りのマットに新しいクヌギマットを混ぜて丁寧に加水し、カブトムシたちを戻してやりました。その数19頭。3齢虫ではあるものの、サイズ的には小さいものが多い印象でした。

 さて、これから寒くなるとカブトムシの幼虫たちは冬眠に入ります。それまでの間に、たくさん食べて大きくなってくれることを願っています。

2016年9月15日木曜日

カブトムシファームのお手入れ

自宅のカブトムシの世話が終わったので、昨年度から取り組んでいる勤務校のカブトムシファームの状態を確認しました。
(幼虫をいただけることになったので、その準備も兼ねて)

もともと土質が悪いことは承知していたのですが、昨年の今頃に、土中に埋めた腐葉土があまり分解されておらず、ほとんど埋めた時の状態と変わっていませんでした。大きなミミズは出てきましたが、それでも数は多くありません。昨年度より深く掘ると、よくわからない植物の根やガラス、ビニール、針金、石、コンクリート片などのゴミが大量に出てきました。

これではカブトムシがかわいそうではないかと思い、土ごと入れ替えたいとも思いましたが、この土自体が廃棄物となってしまうのは避けなければなりません。仕方なく、ゴミを取り除き、腐葉土と土をよく混ぜ合わせ、クヌギの間伐材も入れてカブトムシの幼虫を迎える準備をしました。

この作業の中で、14〜5頭のカブトムシの幼虫(1〜2齢虫)を見つけました。昨年度は0頭(見つかったのはカナブンの幼虫だけ)だったので、大きな進歩と言えるかもしれません。ただし、2箇所のカブトムシファームのうち、イチョウの木の下の方は、1頭しかいませんでした。やはり、イチョウは嫌いと見えます。

とは言え、勤務校のカブトムシ飼育2年目に突入です。一緒に取り組んでくれる先生も増えてきたので、私の趣味ではなく(笑)学習環境を整備する一環として、ノウハウを貯めていきたいと思います。

2016年9月11日日曜日

カブトムシの世話(2016秋)

前回の世話から1ヶ月が過ぎ、そろそろ成虫がいなくなったところ。(まだ生きている1頭は、別の飼育ケースで飼育中)全部出して数えてみたわけではないけど、成虫になったのは、18頭くらいだったかな?という感じ。メスも多く見られたので、たくさんの産卵を期待しておりました。

まずは、コンテナの中身をひっくり返して幼虫の状態をチェック。1〜2齢虫くらいの大きさの幼虫が、20頭程度。おや?ちょっと期待はずれ。マットの状態があまり良くなかったのか、例年よりも気温が高すぎたか、既に共食いによって淘汰されたか…。いろいろ考えましたが、少数精鋭とも言いますから気持ちを切り替えて育てていくことにしました。

コンテナの中のマットを大きくかき混ぜて一度柔らかくしました。卵が混じっているといけないので、小石くらいのマットの塊はそのままにして、大きなものは少し砕いて戻しました。その上から、完熟マット10Lとクヌギマット10Lを丁寧に混ぜて加水して敷き詰めました。クヌギでできた餌入れや朽木も加水して、中に入れておきました。
(そろそろコンテナが古くなってきているので、買い替えどきかもなぁと思っています。)

大きくなったものは、朽木やクヌギのマットを食べてもらい、小さいものは今までの細かいマットを食べてもらうということで、棲み分けをさせたいと考えています。この状態で食べ具合をチェックしながら冬に向けて育てていきたいと思っています。

今年もカブトムシの幼虫をいただける話になり、勤務校のカブトムシファームの手入れもしなければと思っているところですが、中をひっくり返してみてどうなっているかを調べ、腐葉土を足してカブトムシに良い環境を作っていけたらと思っています。
(近くにあるイチョウが銀杏を落とすので、これが厄介で困っています。)

学習環境として機能するようになるには、更にもう少し手入れが必要で、継続的な世話が欠かせません。これが教員の仕事なのかと問われると、正直言葉が出ませんが、こういう仕事も学校教育には必要なのだと思っています。(何より人手が必要です)

2016年8月4日木曜日

オカヤドカリとカブトムシの世話(2016夏)

先日twitterでオカヤドカリの抜け殻を公開しましたが、まずはその顛末をまとめておきます。

オカヤドカリの抜け殻を見つけたのは、6/26。暖かくなってきたので、飼育水槽のまわりを覆っていた保温シートをはずしたのですが、そのタイミングがまさに脱皮直後の状態だったわけです。あまりにもキレイに脱皮しているので、オカヤドカリが死んでしまったのかと思いました。しかし、よく見ると背中から腹にかけての部位が見当たらず、死体としては不自然なところがありました。真横にあった貝殻の中にオカヤドカリがいるのは確認できましたが、共食いをしているのか殻を食べているのか判断がつきませんでした。

決め手にしたのは、「目」でした。脱皮殻には目の黒い部分がなく、死体なら目がなくなることはないだろうと判断。急いで写真だけ撮って貝殻に閉じこもっているオカヤドカリの近くに返しました。それから数日間は、脱皮殻と貝殻にこもったオカヤドカリの位置が全く変わらず、「余計なことをして寿命を縮めたか」と思ったのですが、4,5日くらい経った頃から徐々に脱皮殻が少なくなっていき、1週間で食べきったようでした。更に2日くらい同じ所にいて、その後は自由に動き回るようになりました。

貴重な生態を観察することができて、とても嬉しく思いました。後日、別のオカヤドカリが宿貝探しをしているところに遭遇し、短時間裸の状態も観ることができました。ただ、これは喜んでいられる状況ではないので、急いで貝殻置き場を手近にあったはがきなどで覆い、外から見えないようにしてやりました。しばらくしてチラと覗いてみると、尖った大きな貝に入って過ごすようになっていました。ひと安心と思ったら、翌日には元の貝殻に戻っていました。(忙しい…)これで終わりかと思ったら、また翌日には尖った方に入っていて、どうやらしょっちゅう取り替えているのだということがわかりました。

オカヤドカリは、まだまだ謎だらけなので大事に育てながら生態を観察していきたいと思っています。

一方、カブトムシの方は、前回の世話から順調に成長しと言いたいところでしたが、学校のカブトムシファームの方は、成虫が出てきている気配が感じられませんでした。ただ、隣接する学習林の中でカブトムシの頭部(死体)を見つけたので、カブトムシがいることだけは確認でしました。

自宅のコンテナ飼育の方は、7月の上旬ぐらいからマットの上に出てきて、その後ほぼすべてが無事に成虫になり、毎日大騒ぎ状態です。餌の量もかなりなもので、100個入りのゼリーが1ヶ月でなくなりました。徐々に死んでしまうのを見届けながら、来年に備えて卵から幼虫になるまで育て、雌雄を判別してカブトムシファームに入れようかと思っているところです。

カブトムシの一生は、1年で秋の誕生から冬の幼少(幼虫)期を経て次の夏には成年期(成虫)に達し、子育てはせずに壮年、老年期を迎え死んでいくという凄まじいものなのですが、そう考えると日々違う彼らに接しているような気がしてきて、8月も半ばを過ぎるとおじいちゃん、おばあちゃんなんだなと思いながら飼育を続けています。そういう意味で、「命を学ぶ」教材としても良い教材になると思っています。