2016年9月15日木曜日

カブトムシファームのお手入れ

自宅のカブトムシの世話が終わったので、昨年度から取り組んでいる勤務校のカブトムシファームの状態を確認しました。
(幼虫をいただけることになったので、その準備も兼ねて)

もともと土質が悪いことは承知していたのですが、昨年の今頃に、土中に埋めた腐葉土があまり分解されておらず、ほとんど埋めた時の状態と変わっていませんでした。大きなミミズは出てきましたが、それでも数は多くありません。昨年度より深く掘ると、よくわからない植物の根やガラス、ビニール、針金、石、コンクリート片などのゴミが大量に出てきました。

これではカブトムシがかわいそうではないかと思い、土ごと入れ替えたいとも思いましたが、この土自体が廃棄物となってしまうのは避けなければなりません。仕方なく、ゴミを取り除き、腐葉土と土をよく混ぜ合わせ、クヌギの間伐材も入れてカブトムシの幼虫を迎える準備をしました。

この作業の中で、14〜5頭のカブトムシの幼虫(1〜2齢虫)を見つけました。昨年度は0頭(見つかったのはカナブンの幼虫だけ)だったので、大きな進歩と言えるかもしれません。ただし、2箇所のカブトムシファームのうち、イチョウの木の下の方は、1頭しかいませんでした。やはり、イチョウは嫌いと見えます。

とは言え、勤務校のカブトムシ飼育2年目に突入です。一緒に取り組んでくれる先生も増えてきたので、私の趣味ではなく(笑)学習環境を整備する一環として、ノウハウを貯めていきたいと思います。

2016年9月11日日曜日

カブトムシの世話(2016秋)

前回の世話から1ヶ月が過ぎ、そろそろ成虫がいなくなったところ。(まだ生きている1頭は、別の飼育ケースで飼育中)全部出して数えてみたわけではないけど、成虫になったのは、18頭くらいだったかな?という感じ。メスも多く見られたので、たくさんの産卵を期待しておりました。

まずは、コンテナの中身をひっくり返して幼虫の状態をチェック。1〜2齢虫くらいの大きさの幼虫が、20頭程度。おや?ちょっと期待はずれ。マットの状態があまり良くなかったのか、例年よりも気温が高すぎたか、既に共食いによって淘汰されたか…。いろいろ考えましたが、少数精鋭とも言いますから気持ちを切り替えて育てていくことにしました。

コンテナの中のマットを大きくかき混ぜて一度柔らかくしました。卵が混じっているといけないので、小石くらいのマットの塊はそのままにして、大きなものは少し砕いて戻しました。その上から、完熟マット10Lとクヌギマット10Lを丁寧に混ぜて加水して敷き詰めました。クヌギでできた餌入れや朽木も加水して、中に入れておきました。
(そろそろコンテナが古くなってきているので、買い替えどきかもなぁと思っています。)

大きくなったものは、朽木やクヌギのマットを食べてもらい、小さいものは今までの細かいマットを食べてもらうということで、棲み分けをさせたいと考えています。この状態で食べ具合をチェックしながら冬に向けて育てていきたいと思っています。

今年もカブトムシの幼虫をいただける話になり、勤務校のカブトムシファームの手入れもしなければと思っているところですが、中をひっくり返してみてどうなっているかを調べ、腐葉土を足してカブトムシに良い環境を作っていけたらと思っています。
(近くにあるイチョウが銀杏を落とすので、これが厄介で困っています。)

学習環境として機能するようになるには、更にもう少し手入れが必要で、継続的な世話が欠かせません。これが教員の仕事なのかと問われると、正直言葉が出ませんが、こういう仕事も学校教育には必要なのだと思っています。(何より人手が必要です)

2016年8月4日木曜日

オカヤドカリとカブトムシの世話(2016夏)

先日twitterでオカヤドカリの抜け殻を公開しましたが、まずはその顛末をまとめておきます。

オカヤドカリの抜け殻を見つけたのは、6/26。暖かくなってきたので、飼育水槽のまわりを覆っていた保温シートをはずしたのですが、そのタイミングがまさに脱皮直後の状態だったわけです。あまりにもキレイに脱皮しているので、オカヤドカリが死んでしまったのかと思いました。しかし、よく見ると背中から腹にかけての部位が見当たらず、死体としては不自然なところがありました。真横にあった貝殻の中にオカヤドカリがいるのは確認できましたが、共食いをしているのか殻を食べているのか判断がつきませんでした。

決め手にしたのは、「目」でした。脱皮殻には目の黒い部分がなく、死体なら目がなくなることはないだろうと判断。急いで写真だけ撮って貝殻に閉じこもっているオカヤドカリの近くに返しました。それから数日間は、脱皮殻と貝殻にこもったオカヤドカリの位置が全く変わらず、「余計なことをして寿命を縮めたか」と思ったのですが、4,5日くらい経った頃から徐々に脱皮殻が少なくなっていき、1週間で食べきったようでした。更に2日くらい同じ所にいて、その後は自由に動き回るようになりました。

貴重な生態を観察することができて、とても嬉しく思いました。後日、別のオカヤドカリが宿貝探しをしているところに遭遇し、短時間裸の状態も観ることができました。ただ、これは喜んでいられる状況ではないので、急いで貝殻置き場を手近にあったはがきなどで覆い、外から見えないようにしてやりました。しばらくしてチラと覗いてみると、尖った大きな貝に入って過ごすようになっていました。ひと安心と思ったら、翌日には元の貝殻に戻っていました。(忙しい…)これで終わりかと思ったら、また翌日には尖った方に入っていて、どうやらしょっちゅう取り替えているのだということがわかりました。

オカヤドカリは、まだまだ謎だらけなので大事に育てながら生態を観察していきたいと思っています。

一方、カブトムシの方は、前回の世話から順調に成長しと言いたいところでしたが、学校のカブトムシファームの方は、成虫が出てきている気配が感じられませんでした。ただ、隣接する学習林の中でカブトムシの頭部(死体)を見つけたので、カブトムシがいることだけは確認でしました。

自宅のコンテナ飼育の方は、7月の上旬ぐらいからマットの上に出てきて、その後ほぼすべてが無事に成虫になり、毎日大騒ぎ状態です。餌の量もかなりなもので、100個入りのゼリーが1ヶ月でなくなりました。徐々に死んでしまうのを見届けながら、来年に備えて卵から幼虫になるまで育て、雌雄を判別してカブトムシファームに入れようかと思っているところです。

カブトムシの一生は、1年で秋の誕生から冬の幼少(幼虫)期を経て次の夏には成年期(成虫)に達し、子育てはせずに壮年、老年期を迎え死んでいくという凄まじいものなのですが、そう考えると日々違う彼らに接しているような気がしてきて、8月も半ばを過ぎるとおじいちゃん、おばあちゃんなんだなと思いながら飼育を続けています。そういう意味で、「命を学ぶ」教材としても良い教材になると思っています。

2016年7月11日月曜日

結石が出た!

喜ばしい話ではないのですが、体調シリーズ(?)の第二弾ということで、2ヶ月以上の長きにわたって痛みとの格闘を強いられていた結石が、無事に出てきたので、その顛末をまとめてみます。

本年4月1日(!)の未明に左脇腹に違和感を覚えて目が覚めました。これまでにも時々、脇腹に痛みを感じることがあったので「いつものやつかな」と思いました。もともと右腎臓に微小な結石があると診断されているので、ちょっとは結石を疑ったのですが、今回は左側に痛みを感じたので原因がわからない状態でした。

とりあえず水を飲んで様子を見ようと思ったのですが、徐々に痛みが増してきて、数分後には耐えられないレベルに達してきました。脂汗は出るし血の気は引くし、言葉もたどたどしくなり自分の体がどうかなってしまいそうでした。仕方なく、妻に声をかけて病院を探し、夜が明ける頃にやっと病院にたどり着きました。その間、苦しみながらも症状を伝えるために電話にも出ましたが、とても話していられる状況になく、のたうち回る感じでした。
#受け入れてくれる病院がなかなかみつからなかった…。

病院では、すぐに結石を疑われ、エコーとCTで検査をしてもらいました。すると、腎臓から膀胱に向かう尿管中に3.5mmの結石があることがわかりました。しかも、検査をしている途中から、痛みが嘘のように消えていました。医師の詳しい説明を聞いて、痛み止めだけ処方されて、帰宅後すぐに職場に向かいました。(仕事を休むとは言えなかった…)

医師からは「通える範囲の専門医へ」と言われましたので、自宅から近い腎クリニックに行くことにしました。そこでもう一度検査をして結石を確認してもらい、薬を処方していただきました。結石を流しやすくする薬と痛みを和らげる薬を1ヶ月分処方され、様子を見ることに。何でも、3.5mmという結石の大きさでは、超音波で砕くには小さすぎるのだとか。それに、超音波治療には保険が適用されないとか。しばらくこの石とお付き合いしてね的な話でした。心配された腎臓の腫れもたいしたことがないとのことで、思ったよりは深刻ではなかった様子。

薬を飲みながら、時々やってくる痛みには痛み止めで対処し、頻繁にやってくる尿意とその割にあまり出ない残尿感と気持ちのすっきりしない毎日が続きました。そう考えると、数ヶ月前からトイレに立つことが多くなっていたことを思い出し、あれが前兆だったのではないかと思いました。

薬を飲み終わった頃に病院で検査をすると、もうすっかり良い感じだと言われました。その後約3週間は無事に来たのですが、5月の下旬にまた様子がおかしくなりました。激しい痛みというよりは、尿道近くで鈍痛を感じるという状態。仕事が立て込んでいたので残っていた痛み止めで我慢を続け、折を見て再び受診しました。結果、膀胱前で結石が立ち往生しているとのこと。今度は、膀胱周辺を柔らかくする薬と痛みを和らげつつ結石を通しやすくする薬などをもらって再び様子を見ることに。

「石が出てしまえば大丈夫」と言われて、どんな感じなのかと思いながら生活をしました。(その間、修学旅行の引率にも行きました)そして、6月6日朝、無事にポロッと出てきてくれました。茶褐色の小さな結石は、確かに3mm程度の小さいもので、苦しめられた割には小物感満載でした。その後の快調さを考えると、あの激しい痛みのあった日よりもだいぶ前から悪さをしていたことがわかりました。

「5年以内にもう一度なる可能性がある」との診断を受けて、毎日できるだけ多くの水分を摂り、結石になりやすい飲食物を避けて生活をしています。あの痛みは、命にかかわらないとはいえ二度とごめんですね。

2016年5月1日日曜日

Raspberry Pi 3を動かす

身近なところで大人気のRaspberry Piですが、RPi 3が出たということで安定供給できるようになるまで待って、先日購入しました。

本体は、RSの正規代理店であるKSYから購入し、ケースと電源をAmazonで購入しました。特に電源は、2.5Aが推奨されているため正規のものを購入しようかと思ったのですが、「Japanese Raspberry Pi Users Group」のページを見て、2.4Aあればよいだろうと推察し、Ugreen(中国)製の5V3.4AのUSB充電器を購入しました。
#結果的には、特に問題なく使うことができました。

新しいボードには、新しいOSイメーが必要だろうということで、RPiのサイトで最新のNOOBS(2016.5.1現在1.9.0が最新版)をダウンロードして、前回と同様に作業を進めました。今回は、SDカードの拡張作業が必要なくなり、少し楽になっていました。図らずもB+で使ってたSDカードがkernel panicを起こして使えなくなっていて、SDカードを作り直すことになったため、3と比較しながら作業をすることができました。

B+は、スペック的には初代とほぼ変わらないため、見た目は3と似ていても、動かしてみるとかなりもたつきを感じました。それだけ3が速くなっているということだと思います。3は、とにかくスムーズで、ストレスを感じさせない仕上がりになっていると思いました。
#とは言え、値下がりしてきたB+は、教材としてかなり魅力的だと思います。

起動まで無事に終わったところで、日本語フォントや日本語入力のインストール作業をして、表示を日本語表示に切り替えました。以前にやったものを参考にしながら作業を進めましたが、この設定をしてから「raspi-config」でロケールを日本にすると、日本語表示や日本語入力ができるようになります。これで、RPi 3が使える状態になりました。

さて、次は今回の仕様変更の目玉とも言えるBluetoothとWi-Fiを試してみたいと思います。

2016年4月30日土曜日

Raspberry Pi用2.4inch LCDタッチディスプレイを試す

Amazonで出品されていた、SpotPear(中国)製の2.4inch LCDタッチディスプレイを購入し、Raspberry Piに挿して使えるかどうかやってみました。今回使ったのは、同じものを2つ持っている B+です。

説明書の類は入っていなかったので、取りあえず写真を参考にしながらRPiに挿してみて、電源を入れてみました。しかし、通電している雰囲気はあるのですが、何も映りません。SpotPearのサイトは、全て英語表記なのですが、書いてあることは何となくわかるのでじっくり読んでみると、どうやらドライバーが必要だということがわかりました。

ドライバー入り専用OSイメージも用意されているようですが、これまで環境を整えてきたもので使いたいと考え、ドライバーだけを入れることにしました。商品のページの中程過ぎにある「Drive the LCD」をクリックすると、ドライバー入り専用OSが先頭で紹介されているページが開きます。さらに、そのページの中程過ぎまで進んで「LCD-show-151102.tar.gz(2016.4.27現在)」をダウンロードします。

これを任意の場所で解凍して、LXTerminalでフォルダの中に移動し、先ほどのドライバーの使い方が書かれたページの通りにコマンドを打ち込むと、ドライバーのインストール作業が始まります。
$ cd Desktop/LCD-show/
※解凍したフォルダをデスクトップに置いたため

$ sudo ./LCD32-show
RPiが再起動され、途中からLCDタッチディスプレイを使うことができるようになりました。同時に、HDMIの方は、表示が止まります。2.4inchの小さい画面で一杯な感じではありますが、動作しているようです。
#画面の表示を小さくできたらと思って「tvservice -s」コマンドで解像度を確認しましたが、これとは関係ない感じでした。
#Scratchで起動するように設定してしまっている場合は、Scratchを終了した後、「ctrl + c」でshutdownをキャンセルして、「raspi-config」コマンドを使えばコンソール画面で起動するように変更できます。
#最新のNOOBSを使っているなら、起動時に「shift」キーを押し続ければ初期設定の画面が表示されると思われます。

再起動するとどうなるのかやってみましたが、一度インストール作業をしてしまえば、再起動しても2.4inch LCDの方に表示されます。ということは、設定を切り替えて使うような使い方はできないということ。もとに戻すのには少々苦労しそうです。
#HDMIの方も表示できたらと思って「tvservice -p」コマンドも試してみましたが、そもそもHDMIはOFFになっていないので、関係がないようです。

細かな設定は「/boot/config.txt」を「sudo nano」で開いて設定すれば良いようですが、コンソールメインで使いながら、時々Scratchでフィジカル・コンピューティングするくらいなら、このままでも良いかな(他にもあるし)と思っています。
#設定の仕方は、RPiconfigを参照のこと。

2016年4月29日金曜日

カブトムシとオカヤドカリの世話(2016春)

前回の世話から半年ほど経った4月中旬に、恒例(?)のカブトムシとオカヤドカリの世話をしました。

カブトムシは、昨年秋に頂いたものと合わせて20頭が確認できました。大きさの差はありましたが、やっと冬眠から覚めたくらいの状態でした。マットの上1/3くらいはフンが少なく、その下にびっしりとフンがありました。このことから、マットの状態は悪くなく、餌としても十分だったのだろうと思いました。

マットをふるいにかけてフンを取り除き、冬前に買い溜めておいたクヌギのマットを加えてよく加水し、コンテナの中に敷きながらカブトムシの幼虫を入れました。翌日覗いてみましたが、特にマットの上に出た様子もなく、中で快適に過ごしているものと思われます。

カブトムシのフンは、土として利用できるので勤務校で活用します。コンテナ飼育のカブトムシには、成虫になってからのことを考えて、枯れ枝などを入れてやらなければと思っているところです。

オカヤドカリの方は、世話をサボっていたために、水槽の中がとっちらかってひどい状態になっていました。淡水を入れた容器には、オカヤドカリたちが運んだものと思われる餌が入っていて、カビまで出てしまっていました。一瞬、脱皮を失敗したオカヤドカリが死んでしまったのかと思いましたが、3匹の無事を確認できて、胸をなでおろしました。

散らかった餌やフンをピンセットで丁寧に取り除き、淡水容器と人工海水容器、餌容器を丁寧に洗って乾かし、それぞれ淡水、人工海水、餌を入れて水槽にセットしました。寒い時期は餌の食いが悪いというのはわかっていることですが、暖かくなって活性化してくる時期に合わせて、しっかりと餌を用意してやらねばと思っています。

私が用意している餌は、小動物用の乾燥野菜やドライフルーツ、煮干しの他、オカヤドカリ用のポップコーンやオカヤドカリフード、オカヤドカリゼリーです。この他には、ガジュマルの葉を与えたり、晩ごはんのおかずに出てきたものを少量与えることもあります。ガジュマルの葉は、以前はよく食べていたのですが、最近はあまり食べなくなっています。飼育年数が長くなってくると、食性が変化することもあるのかなと思っています。

寒暖の差が激しいこの時期は、温度管理が課題になります。ヒーターの機能だけでは、温度が上がり過ぎることがあるので、タイミングを見計らって大きさの違う2枚のヒーターをつけたり消したりして調整しています。